ミリさん日記

うつとか喘息とかでボロボロのですが生きてます

喘息メルマガ⓽ 「喘息にいい食べ物」

 

2023年9月6日(水) メルマガ⑨

喘息にいい食べ物

喘息は、アレルギー反応や感染症、環境の変化などによって、気道が炎症を起こして狭くなる病気です。

喘息の症状をコントロールするためには、適切な治療と生活習慣の改善が大切です。

生活習慣の改善については、前回のメルマガでアレルギー物質対策や室内環境の改善について説明しました。

今回は、喘息にいい食べ物について、詳しく説明したいと思います。

喘息にいい食べ物とは

喘息にいい食べ物とは、以下のような特徴を持つものです。

  • 抗酸化作用や抗炎症作用のある食べ物
  • 気道の粘膜を保護する食べ物
  • アレルギー症状を緩和する食べ物

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 野菜
  • 果物
  • 大豆製品
  • オリーブオイル
  • ヨーグルト

野菜

野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

ビタミンCやEなどの抗酸化物質は、気道の炎症を抑える効果があります。

また、食物繊維は、気道の粘膜を保護する効果があります。

特に、緑黄色野菜やキノコ類には、抗酸化作用や抗炎症作用が期待できます。

果物

果物には、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

また、果物には、水分が多く含まれているため、喉の乾燥を防ぐ効果もあります。

特に、柑橘類やベリー類には、抗酸化作用や抗炎症作用が期待できます。

魚には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

オメガ3脂肪酸は、気道の炎症を抑える効果があると言われています。

特に、サバやサンマ、イワシなどの青魚には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

大豆製品

大豆製品には、イソフラボンなどの植物性エストロゲンが含まれています。

植物性エストロゲンは、気道の炎症を抑える効果があると言われています。

特に、豆腐や納豆、味噌などの大豆製品には、イソフラボンが豊富に含まれています。

オリーブオイル

オリーブオイルには、オリーブオイルポリフェノールが含まれています。

オリーブオイルポリフェノールは、気道の炎症を抑える効果があると言われています。

ヨーグルト

ヨーグルトには、プロバイオティクスが含まれています。

プロバイオティクスは、腸内環境を改善する効果があり、アレルギー症状を緩和する効果があると言われています。

まとめ

喘息の症状をコントロールするためには、適切な治療と生活習慣の改善が大切です。

生活習慣の改善の中には、食事療法も含まれます。

喘息にいい食べ物を取り入れることで、気道の炎症を抑え、喘息の症状を改善する効果が期待できます。

(質問)

喘息にいい食べ物を、具体的にどのように摂取すればいいですか?

(回答)

喘息にいい食べ物を、毎日の食事に取り入れてください。

特に、緑黄色野菜、キノコ類、柑橘類、ベリー類、青魚、大豆製品、オリーブオイル、ヨーグルトなどは、積極的に摂取するとよいでしょう。

また、食事療法の他に、運動療法やストレス解消法なども取り入れることで、喘息の症状をより効果的にコントロールすることができます。

喘息の症状で悩んでいる方は、かかりつけの医師や薬剤師に相談して、適切な治療と生活習慣の改善を進めるようにしましょう。

魚肉ソーセージもいいよ